上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
《石狩方面オカッパリ》

【日時】2009年8月1日(土)1:00~6:00
【天気】晴れかな?
【気温】朝方は長袖でも寒いくらい
【潮】若潮

カモメのお迎えに我慢ができなくなり、釣りしにいっちゃいました
時期が時期だけに、釣れるとしたら朝マズメと考え、少しじっくり探ったり練習したりしたかったので、夜中に出発しました。

いつものポイントですが、夜→朝で打つのは初めてです。

まずはソイポイントでスタート。
あまり活性は高くないようで、スイミングでは反応がありません。
底をズル引きして27cm。
RIMG0007_20090801223119.jpg

とりあえず1本出したので、安心してデカソイ狙い。
ローリングシャッドに7gジグヘッドの高速スイミング。
しかし反応なし。
軽めのジグにしてフォールさせると小ゾイラッシュ。
飽きた頃にまた高速スイミングで反応なし。
癒されたくなると小ゾイ狙い。
そんなことを繰り返し、明るくなってきたのでアブ狙いにシフトします。

スイミングでは来ないので、5gテキサスでネチネチ探ってると、バイト多発地帯発見
しかし小さいのかなかなかヒットしてくれません。
小さいのは無視して強烈なバイトに期待を込めて同じポイントを狙い続けていると、
RIMG0009_20090801223120.jpg
30cmちょっと?のアブラコ。

これで上がりアブにしようかと思いましたが、なんかまだ釣れる気がして続行

釣れた時と同じポイントを攻めていると、
ココンッと小気味いいバイト。即合わせでフッキングした瞬間一気に潜り始めます。
40UPを確信してゴリゴリ巻いていると、フックが折れてバレてしまいました

これで帰路につくことを決心し納竿。

渋いのは間違いありません。この日はエコワームへの反応は鈍く、釣れたのはほぼガルプでした。
でもソイは飽きないくらいに釣れてくれ、アブも狙って出すことができ、この時期にしては満足のできる釣行でした
Secret

TrackBackURL
→http://michigon.blog118.fc2.com/tb.php/254-24ed2df2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。