上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
退職を決めました。
ほんでもって就職が決まりました。
簡単に言うと転職?

きっかけはとんでもなく遥か遠い地区への移動命令。しかも昇進なしでその見込みもなし。
ただでさえ帰宅時間が遅いことに対して家庭内での不協和音が出始めていたこの頃。
それに加えての鬼嫁の長引く体調不良。
仕事だから我慢しなくちゃとも思ったけど、やっぱり無理。
だって移動先は勤務終了後、家に帰る手段がなくなっちゃうような場所。
それは引越せということ?引越し代出してくれるの?それとも帰りのタクシー代全額支給ってこと?
いずれも会社の答えは当然のごとくNO。
営業や成績やテストの数字に翻弄される自分への憤りもあり、続けていけるんだろうかという不安が大きくなっていきました。
それと前後して自分に合った求人を発見し、「これっていいかもね。試しに出してみるわ。」と、けっこうかる~い気持ちで応募したら受かっちゃったもんで、じゃあそっちに行きましょうと。

今度の仕事は自分の専門性をかなり活かせるっていうか、その道の専門じゃなきゃできない職種。
もちろん日中の仕事。
しかも土日祝日夏季冬季休み付き。
そしてとても重要だったのが、死んだ父ちゃんも副業でしたが約40年前に同じ仕事をしていたという点。
ついでに言うと、そこで母ちゃんと出会ったそうです。
給料はほんとにかなり安いから、きっと掛け持ちしてバイトとかしなくちゃいけなくなるんだろうけど、それを差し引いてもそっちに行くべきなんだろうと、鬼嫁との半月に渡る慎重な協議の上での決断です。

会社の都合で一方的に首を切られてしまったり、再就職しようとしても雇用先が見つからなかったり、新卒でさえ就職することが困難だったりする人が大勢いるこのご時勢で、自分のやりたい道を選択でき、そこに向かっていけることに幸せを感じます。
年も年だし、安定や将来性を考えなくてはいけないことは重々承知です。
不安がないと言ったら嘘になります。
それでもこの転職が将来の自分と鬼嫁にとって必ずプラスになると信じて進みます。
Secret

TrackBackURL
→http://michigon.blog118.fc2.com/tb.php/197-a05d65ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。