FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私、体育の人間です。
体育会系ではなく、体育。
この違いには若干こだわりがあって、体育を学んだということであって、運動のスペシャリストではないということ。

子供の頃から体を動かすのが大好き。
学校から帰ってきてはランドセルを置いて、すぐ近所の公園へ行き、野球やドッチボールや缶けりに興じる日々。
それなりの街中に住んでいたけど、きっと今の都会っ子みたいじゃなく、むしろどっちかというと田舎の野生児っぽく育っていたと思います。
それに加えて死んだ親父も体育の人間でサッカーをやっていたこともあり、幼い頃からいろんなスポーツやアウトドアを体験させられ、知らず知らずのうちに運動能力が付いていったんだと思われます。
なかでも走るのは速かったらしく、小学校では6年間リレーの選手。
ちゃんと計測したことはありませんが、100mのMAXは大学1年のときの11秒4。

4年生のときに、必然のようにサッカー少年団に入り、それ以降、中学1年で身長が130cmしかなくて背を伸ばしたいからという理由で1年間だけバスケ部に入っていた以外は大学までずっとサッカー部。
中学・高校ではキャプテンで、高校2年のとき性格の悪い3年生軍団と不仲だったこともあって補欠だったけど冬の選手権で全道大会の準決勝まで進み試合がTV中継をされたのは、かなり薄い記憶だけどいい思い出です。
この試合、大学同期の山Zくんが見ていたらしく、やる気なさそうにメガネをかけてベンチに座っている自分に後から気づき笑っていたそうな。

でもだからといってサッカーがうまかったわけではなく、ボールを蹴ったりトラップしたりする技術は人並み以下。特にヘディングは大大大っ嫌いで、高いボールがきたら知らんぷりしていたことは多々ありました。
それでも大学2年のとき、紅白戦で先輩のヤクザキックを膝にくらい靭帯を切っていたとき以外はいつもコンスタントに試合に出れたのは、速かった足のおかげであることは間違いありません。

大学には2次試験が実技と面接で筆記試験がないという部分が大きな理由で、体育科に入学。
4年間体育という学問を学びました。いや正確に言うと学んだフリをしていました。
就職してからも、サッカー・バスケに加え、テニスにバドミントン、野球にスキーと職場スポーツを率先して行い、バレーと卓球以外はかなりの腕前だったと自負しております。


仕事が変わってからはめっきり体育にかかわることがなくなりました。
最近は55歳でホノルルマラソンを完走し、2年前には第1回東京マラソンを5時間台で走破した母親の影響から、走ることに興味を示しているぐらい。
夜11時に帰宅し、それからビールを飲みご飯を食べて、1時間もしないうちに寝ているという生活も重なって、すっかりメタボ体系になってきてしまいました。
このままではまずい。
雪がとけて暖かくなったら、走ることを中心に生活改善を行うことを決心しています。
20歳の頃とまではいかなくっても、せめて体重5kg減を目指します。
やっぱり自分にとって体育は必要不可欠なんだと言い聞かせて。
Secret

TrackBackURL
→http://michigon.blog118.fc2.com/tb.php/196-c0a9fd3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。