上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.29 夕張写真館
真夏の暑さだった土日は、夕張に行っていました。
最近は行ってもあんまりゆっくりできなかったので、今回は久しぶりに午前中に札幌を出発し、少し夕張市内を徘徊することにしました。

写真を撮りつつ遊んできたので、並べてみたいと思います。
はじまり~
20090628h.jpg

初めて行ってきた花畑牧場の工場。
20090627a.jpg 20090627b.jpg
夕張市街地は「店は開いてるけど人影はなし」みたいな感じですが、ここにはいっぱい人がいます。
まぁ夕張市民は働いている人だけだと思うけど。

20090627c.jpg
生キャラメルソフト。おいしいそうです。
ついでに生キャラメルを少々購入し、ご飯を食べるため繁華街?へ。
20090628q.jpg

しかし、名店閉店してました。
店主も高齢化と健康上の問題には勝てず。
20090628d.jpg
もうあのカレーうどんを食べれないなんて、悲しすぎる…。

あんまりにも悲しくって思わず
20090628j.jpg
鳥居のところまで登ってきました。

スタート。ここからダッシュ。
20090628e.jpg

中間部。足が上がらない…。
20090628f.jpg

制覇。ロッキーのテーマが流れてました。
20090628g.jpg
おかげで次の日は筋肉痛でした

結局昼食は第二の名店でラーメンを食べました。

次に行ったのは鬼嫁の母校。
と言っても閉校しちゃったので、今は宿泊施設になってます。
20090628k.jpg


その後は市街地を離れ、山の中や
20090628l.jpg
こんなメロン農家の中の通って鬼嫁の実家へ。

実家に着くも暑さに耐えられず、涼を求めて鬼嫁の庭公園へ。
20090628n.jpg

川に足を入れながら飲んじゃいました
20090628m.jpg

いつものポジション+その反対側。
20090628o.jpg 20090628p.jpg
夏もいいねー。

吊橋の上で、ギャッツビーの踊りとズクダンズンブングンゲームだって。
20090628r.jpg  20090628s.jpg

暑さの中こんなことやってるから余計に疲れちゃって、次の日はたいそうグッタリしていた二人でした。

おしまい
20090628i.jpg
スポンサーサイト
第1戦・第2戦と終了した2009年のパワーオーシャンカップ。
2007年は3戦のうち2戦に出場。2008年は1戦も出場できず。
今年は1戦目は最初から出れないことがわかっていたのでエントリーしませんでしたが、第2・第3戦は申し込みをしていました。
先週行われた第2戦は、直前になって都合がつかなくなり参加を断念。
1戦目も2戦目も友達や知人の方々の活躍の報告を喜びつつ見ながらも、3戦目は自分も一緒にがんばりたいなーと思っていました。
でも、がんばると言ってもクラシック出場とか上位入賞とか、そんな高い望みをもつほど自分の実力をわかっていない身の程知らずではありませんので、いろんな人の釣りを見て勉強したり大会の雰囲気を味わったりすることができればいいなぁという感じでした。
せめてもの目標はジャンケン大会に勝利し商品をGETすること。

そんな訳で7月12日の室蘭沖堤は意欲満々で日程調整・家庭の事情の調整をしてきました。
それらがほぼ完璧に済んでいた今週。
第3戦が沖堤ではなくランガンになったという噂。
友人さんにメールで確認したところ、事実とのこと。
同じ日、帰宅するとマルキューさんからもメールが届いていました。
『北海道パワーオーシャンカップ第3戦室蘭沖堤(7/19開催)ですが、室蘭のランガンスタイルに変更となりました。』
そうかーランガンになったのかー。オカッパリは好きだからまぁいっかー。

ん? 7月19日?? 12日じゃないの???

しまった。日程を間違ってた。

19日・・・・・帯広旅行の予定を入れちゃった・・・。

今年も参戦しないこと決定です…
マルキューさん、参加できないのにエントリーして申し訳ありませんでしたm(__)m

ガックリ・・・・・
風は強かったけど、そこそこあったかかった昨日。
実家にて、今年初庭BBQを行いました。

その前にJUSCOで買い物。
クールビズ用のYシャツを買ってもらいました。
いいね。クールビズは。涼しいし何よりネクタイをしなくっていいのが最高。
次は夏用のスーツを買ってもらおっと

鬼嫁、実は今月一杯で退職することになりました。
理由はたくさんあって、こんなスペースじゃ色んな意味で書ききれません。
一言だけ放てるとしたら、「潰れてしまえ、いいや潰してやる」だそうです。

体調不良もダラダラと続いていたし、毎日帰ってきてから3秒後に始まる愚痴もそうだし、とっとと辞めた方がいいとは思っていたので、しばらくは家でゆっくり休んでまた元気に働いてほしいと願うばかりです。
就活がんばって~。

買い物に話を戻して、JUSCOの中はなんか暑くって喉が渇いたという鬼嫁に提供したのがこれ。
20090621a.jpg
『ペプシしそ』
飲みきれなくって持って帰らされました。
鬼嫁の感想は「これを売ろうと考えたのがスゴイ。」とのこと。
こういうビミョーなものを見つけると買いたくなっちゃうんだよね。
それが相手の策略か。
でも大抵そういうものってハズレなんだよな…。
《西積丹方面 港→港→磯》

【日時】2009年6月20日(土)1:00~7:00
【天気】晴れ時々曇り
【風】天気予報の嘘つき
【気温】鼻水垂れた
【潮】中潮

土日の天気予報はまたしても下り坂。
ついでにエントリーしていたパワーオーシャンカップにも出られなくなってしまったので、ソイにヒラメさらにはアブを求めて西積丹方面へ行ってきました。

まずは10年位前、投げ&ブラー釣りに精を出してた頃はほとんどホームグラウンドと化していた港へ。
天気予報は風速5mだったのに、実際は瞬間最大風速10m以上は間違いなし。
油断すると海に落とされそうになるくらいの風が吹いてます。
怖いので防波堤の際から1mくらい離れながらの釣りで、めちゃめちゃやりづらい。
追い風に乗せて外海に投げると、猛烈な勢いでラインが出ていってしまいます。

魚の反応もあまりよくありませんでしたが、5gジグにGパルスPWでジャスト30cm。
20090620a.jpg
非常に遅ればせながら、今年初の30up。スイミングでした。

でも続きません。小ゾイポイントを見つけて、BTSパールカタクチで癒されるのが精一杯。
ベイトロッドも抱えていってましたが、ヒラメ狙いでキャストする気にもさせてくれないほどの強風にイラっとしていたのもあり、風を避けつつ北上することに。

移動するとすぐに朝マズメに。
ここでも小ゾイのバイトのみ。それでも風はさっきよりも気にならないので、楽に釣りができました。
スイミングでドンッてこないかなぁと思いながら3.5gジグにグラミLのカタクチをキャストしていると、友人さんにハチガラが。
放置して見に行き、戻ってきて「いいな~。ハチガラ釣りたいなぁ。」とか思いつつダラダラ巻いてるとほんとに「ドンッ!」ってきました。
なかなかいい引きで30upを確信していると、上がってきたのは
20090620b.jpg
32cmと残念なサイズでしたが人生初ヒラメ
完全にマグレでしたが嬉しい一枚

持ち帰れないサイズだけどヒラメが釣れたので、なんだか達成感で一杯。
その後はアブを狙いますが、やってることがてきとーです。

すっかり日が昇りきり反応がなくなったので、ラストは磯へ。
あまり磯の知識がないので行き当たりばったりで入りましたが、ワームを食いちぎられただけで終了。
磯は難しいです…

結局釣果的には全然ですが、なんかホッとする釣りができました


~おまけ~
自分がヒラメを釣り満足しきっててきとーな釣りをしている中、友人さんはきっちり45cmを上げてました。
やっぱり真剣にやらなきゃダメだってことね。
20090620c.jpg
6月14日(日)、美瑛マラソンに参加してきました。
前日の土曜日に出発し、中富良野のペンションに宿泊。
DSCF0056_20090615075051.jpg
くうも一緒です。


20090614.jpg

DSCF0059_20090615075313.jpg

このペンション、父ちゃんがお気に入りだったそうで、元気だった頃は母ちゃんと二人で同じようにここに泊まって美瑛マラソンに参加してたそうです。

エントリーしたのは『クォーターマラソン男子39歳以下』。
今回は1分たりともトレーニングをしていません。
走るとまだ胸がチクチク痛みます。
そんなんだからまぁ気持ちよく走れればいいやーと思ってたのに、日曜日の天気は雨。気温8℃という最悪のコンディション。
でも来ちゃったからにはしょうがない。
DSCF0067.jpg
ややテンションしてますが、スタート。

走りながら撮った写真。2km地点。
D1010186.jpg
確かに晴れてたら気持ちいいだろうなー。

しかし、この後どしゃぶりに。
体は全然あったまらなくて、手もかじかむほどの寒さ。
靴もTシャツもびしゃびしゃ。
それでも母ちゃんと二人で1km約7分のほぼ正確なペースを刻み、9km地点でちょうど1時間。
これなら1時間10分は切れるな、と思ってたら最後の1kmがやたら長い。
おっかしーなぁとか考えつつもゴールのある競技場内へ。

DSCF0069_20090615080517.jpg
こんなのも走っていたそうで。

DSCF0073_20090615080901.jpg
さすがに全然余裕の笑顔でゴール。

記録:1時間10分14秒。
順位:343位/447人

やや情けない記録。
でも体の状態と札幌市内とは違うアップダウンの多いコース、そして天候を考えると仕方ないってことにしておきます。
でもラスト1kmはペースを上げたはずなのに、なんで1時間10分切れなかったんだろ…?

参加賞のポテチ&うちらが走ってる間のくうのお世話と運転で疲れきった鬼嫁。
DSCF0075.jpg
ポテチはその日のうちに消費されました。

帰ってきてパンフレットを熟読。
今回自分が参加したのは『クォーターマラソン』。
つまり、42.195÷4=10.54875ってことだ。
10kmより500mも長かったのね。
てっきり10kmだと思い込んでたよ。

次のレースは秋かな?
その時には、10km50分切れる体になっていたいものです。
2009.06.12 旅行気分で
明後日の日曜日は美瑛マラソンです。

先週の自転車事故の影響から、トレーニング無しで挑みます。
肋骨の痛みは引くことなく、昨日になって膝が鬱血し腫れていることが判明し、ついでにポプラ?の花粉で目がカユくてしょうがない状態でのレース。
目標は真剣に、『完走』です。
良くて1時間30分以内ってとこかなぁ

“参加することに意義がある”、オリンピック精神でがんばります。

ハーフにエントリーしなくってほんとよかった~
2009.06.08 =根性焼き?
事故から3日経ち、昨日チャリを点検してきました。
いかれてたのは後輪じゃなくて前輪。
事故の衝撃でタイヤのリムがいっちゃってました。
なんとか乗れるようにはなったけど、タイヤが波打ってるのがわかる。
こんなんじゃ駅までくらいは行けるけど、釣りや出勤には使えそうにありません。
愛車ほぼ廃車。
悲しい…悲しすぎる…

体の方は、少しずつ痛みも和らいできました。
しかし体をひねると肋骨に鈍い痛みが走り、笑うとピキッとなり、間違ってくしゃみをしようものなら気が遠くなるほどの激痛です。
回復にはもうしばらくかかりそう

手の甲や胸の擦り傷はほぼ回復。かさぶたになり、水も沁みなくなりました。
そんな手の傷を見て、鬼嫁一言。
「“もやばん”みたいだね。」
もやばん?
初めて聞く言葉。
「もやばんって言うしょ。」
いや、言わない。
鬼嫁元ヤン疑惑、再浮上です。
昨晩20:30頃、自転車に乗って副業から帰宅途中のみちごん(36)が、自宅付近の川にかかる橋の下り坂を走行中、突風に煽られ歩道から落下。はずみで転倒し胸を強打するという事故がありました。
現場では、転倒した地点から3mほど後方に持っていたバックが落ちており、乗っていた自転車はライトが大破し、ハンドルは180°回転、後輪も回らなくなった状態で倒れていました。
たまたま通りがかった人に「大丈夫ですか」と声をかけられましたが、胸を打っているため声が出ず「だ…じょ…です…」というヨレヨレの返事しかできなかったようです。

しばらくその場でうずくまっていましたが、なんとか起き上がり自転車を押してフラフラしながら帰宅しましたが、あまりの痛がり振りに鬼嫁によって病院へ搬送。
レントゲン検査の結果、幸い肺や骨には異常はありませんでしたが、呼吸をするたび激痛が走り、腕も上がらない背中も伸ばせない状態だったため、昨晩はよく眠れなかったそうです。

みちごんは事故当時の様子を
「風でカバンが煽られて、そのはずみで歩道に落ちました。そしたらハンドルがグニャグニャってなって、次の瞬間にはもういろんなところが痛くなってました。多分ハンドルに胸を打ったんだと思います。胸がハンドルの形に擦りむけてましたから。」
と話しました。また、
「今朝になって鎮痛剤と湿布の甲斐もあってか多少痛みは引きましたが、それでもかなり痛いです。来週は美瑛マラソンが控えているのに…。野口みずき選手の気持ちがよくわかります
と残念な様子で語っていました。

鬼嫁はこの事故について、
「この程度ですんでラッキーだったと思わなきゃ。もし転んだときに車が来てたらそんなんじゃすまなかったでしょ。前に私が自転車でゴミステーションのネットに引っかかって大転倒したときに大笑いしてたけど、もう言えないね。とりあえず3日間ほど禁酒です
と話していました。
しかし、事故を起こした本人が帰宅した後の鬼嫁の消毒・病院への連絡等の迅速な対応、夫がケガをしてヨロヨロと帰ってきたにもかかわらず、まったく動揺しない態度は「さすが」と思わせるものがあり、高い評価を得ることとなりました。


ご迷惑をおかけし、ほんとすいません。でもめっちゃ痛いっす…
2009.06.02 実録 鬼嫁組
阪神戦2日目の帰り道。
雨がシトシト降る中。

信号待ち。
ふと後ろを見ると、阪神の帽子を被った夫婦。40代後半~50代前半ってとこか?
オヤジの方が鬼嫁の背負っているリュックのチャックを開けるフリをして遊んでます。

「何やってんすか」と自分。
「フフ~ン」と笑ってごまかすオヤジ。

信号が変わり、歩き始めたとき。
オヤジ、ボソッと「開けられるのが嫌ならそんなカバン持つなよ…。」
その声が耳に入り後ろを振り向こうとした瞬間。

「なんだと、コラ!」by鬼嫁

ヤバいっ!鬼嫁に先を越されてしまった!
じゃなくって、なんてこと言ってんだうちの嫁!
とにかく地下鉄に乗るための人がワンサカいる中で鬼嫁を暴れさせるわけにはいかないと思い、鬼嫁とオヤジの間に割って入り、鬼嫁の怒りを代弁。
と言いつつ、自分もオヤジのセリフにかなりブチっとしていたことは間違いないので、
「ふざけんなよ、コラ。」
「あ?触ってないからいいだろ?」
「触んなきゃいいのか!? ◎△×※●%#!!」
と自分がキレて大きな声を出しちゃって、そしたらオヤジは連れのおばさんに引っ張られて人ごみの中に消えていきました。

帰りの地下鉄とJRの中で反省会。
「ダメじゃん、コラって言っちゃ。」
「だって頭にきたんだもん。」
「まぁね。でもだからと言ってあなた一応女の人なんだから、コラはないでしょ。しかも先陣切っちゃだめでしょ。」
「腹立ったんだからしゃーないじゃん。あ~、あのオヤジにリュック触られそうになったと思ったら気持ち悪い。帰ったら念入りにファブんなきゃ。」

「ところできみ、オヤジになんて言ったか覚えてる?」と鬼嫁。
「うんにゃ、よく覚えてない。」
誰に向かって口聞いてんだっ!って言ってたよ。」
え?誰に向かって?自分に向かって?
鬼嫁に向かってならまだわかる気がしないでもないが、相手にしてみたら「知るかっ」て感じのセリフ。
ケンカの啖呵としては0点だな…。


ちなみに、いつもこんなバイオレンスな日常を送っているわけでは決してありません
オヤジにイラっとしたのは事実ですが、わたくし普段は平和主義者でケンカなんかしたことは皆無です。
たまたま疲れてて眠くってお腹もすいてて、導火線がすごーく短くなってただけなんです

そういえば、当の阪神ファンの夫婦から謝罪の言葉はなかったぞー
来年の阪神戦で見つけたら、がっつし説教くれてやる。
もちろん鬼嫁からね

最後に鬼嫁の一言。
「財布ない!って叫べばよかった…。」
ほんと敵に回したくない人です。うちの嫁。
開幕以来のファイターズ観戦。
しかも今回は2日連続で行っちゃいました

1回戦。
母ちゃんと弟も一緒で、4人での観戦となりました。
母ちゃん、楽しみで楽しみでしかたなかったみたい。
18時プレイボールの試合なのに、午前中には準備万端になっていたらしい。
しかもドームで食べるお菓子をうちらの分まで小分けに袋に入れて、みかんまで入れちゃったぐらいにして。
「欲しい」というので、賢介のピンクビッグハンドを買ってあげたら、「キャーキャー」言ってはしゃぎまくってました。

20090530a.jpg
うちら夫婦の雄姿。

ファイターズ先発はダル。
稲葉JUMPは試合中合計で3回。
稲葉の次に好きな糸井もホームランを打ちました。
中田も出ました。
20090530b.jpg
結果は8-2の完勝。

おまけ。
たまたま後ろを通りがかったトラッキー。
20090530c.jpg
こいつ、B・Bに負けず劣らず芸達者でした。

2回戦。
1回戦は上の方の席でしたが、この日はS指定席。
今までで一番選手が近く見えました。
20090531b.jpg
アップ中の稲葉。

糸井と小谷野の後ろ姿。
20090531c.jpg
「みんないいおしり♪」と鬼嫁ウットリ。

去年も昨日もそうだったけど、とにかく阪神ファンの多さにビックリ。
20090531f.jpg
ライトスタンドから1塁側はほとんど阪神ファン。
統率された応援はファイターズの比ではありません。
一度甲子園で見てみたいものです。

試合は打たれまくってる割には点は取られず。
打てない割にはエラーがらみで点が入る。

この試合、一番球場を盛り上げたのはこの人。
20090531e.jpg
アニキ。
この後、去年に続きまたもやライトスタンドへ放り込まれました。

5時間を越える試合は4-4の引き分け。
14時開始で、終わったのは19時。
この試合時間に加え、さすがに2日続けてではテンションがもちません。
2人して延長戦はグッタリしつつの観戦でごめんなさいって感じでした。

お腹もすいてきた上に、長時間座り続けたことによる腰痛。そして疲労。
これが後に起こる事件に大きな影響を及ぼすこととなったのでした…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。