上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おそらく2007年最後の更新です。
明日の大晦日は、「つながらな~い。」とか「おそい~。」とかいうのがヤダし、もっともパソコンを開いている時間がないくらい、出かけたり酔っ払ったりしてるでしょうから。

昨日は、おとといの『朝まで○○の会』の疲れが取れず、日中はほとんど寝てました。
『朝まで酒・麻雀・カラオケ』の他には、『朝までおねーちゃんのいる店』というのもあったようです。
自分は、
『酒』は心地よくなるくらいでした。金箔入り日本酒がおいしかったです。
『麻雀』は目も当てられない惨敗。年明けには、みんなにお昼ご飯をご馳走しなくちゃいけません。
『カラオケ』を歌ったのは約2年振り。昔は毎週のように行ってたなぁ。鬼嫁がカラオケ嫌いだからなのか、すっかり音痴になっていてビックリでした。
『おねーちゃんのいる店』は誘われたけど鬼嫁の般若のごとき表情が頭に浮かんだので、丁重にお断りしました。
泊まるには寒すぎる会場だったということもあり、予想外でしたが終電で帰宅しました。

晦日の今日は、大掃除をしました。
鬼嫁は仕事なので、自分に割り当てられたのは風呂場と居間の床。
風呂場はカビキラーのにおいにやられた上、洗剤とまざっちゃって危うく気を失いかけましたが、本質的にきれいでうれしいです。
床はいつも通りに掃除機+普段はめったにしないワックスがけ。
こっちは表面的にきれいで、こんなもんかという感じです。

こういうことをしていると、普通は「1年が終わるんだなぁ、どんなことがあったかな?」とか思うんだろうだけど、自分にとって今年は、振り返る気にならんくらい色々やっちゃった年でした。
1年の反省、っていうか人生の反省はもうとっくにしちゃったので、目線は未来に向けておきます。
でも、今年は家族や友達のありがたみや大切さを改めて実感できたし、釣りを通じて新たな出会いがたくさんあったし、ある意味充実した1年だったとも言えます。
そういった部分においては、“今年も成長した!”と思いたいものです。
本当に自分を励まし支えてくれた皆様&自分とかかわってくれた皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
今まで、ありがとうございましたm(_ _)m

なんか人生終わろうとしているみたいですが、そんなことは全くありません。
楽しいことがきっとたくさんあるだろうし、素敵な未来があるはずですから(^ ^)v
先のことを考えると、気が重くなることが多々あることは百も承知。
でもでもでもでも、そんなの関係ねぇ。
来年も、ウルトラスーパーポジティブシンキングでいきたいと思います。
そして、来年は鬼嫁をあんまり怒らせないようにがんばりたいと思います。

それでは皆様、よいお年を。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト
昨日、おとといの職場での朝9時の気温です。
JR降りたとたん、鼻毛が凍りました。

今日は仕事納めです。
とは言っても、納めるほど働いてないんですけど。
夜は、同じ課の人で町内の会館を借り切っての『仕事納めの会』が催されます。明日の朝まで。
同僚の皆さんは、この会合をたいした楽しみにしているようで、今週に入ってから毎日「朝まで○○~」と歌っている次第です。
「○○」に入る言葉は人によって異なり、今のところ「酒」・「カラオケ」・「麻雀」の3種類が確認されています。

自分的には、明日からの正月休みの方が楽しみなんだけどなー。

さ、職場が見えてきました。
ラスト働いてきますかっ。

ちなみに今日は-8℃でした。
比較的あったかい!?
きのうみちごんの、テーマお世話するつもりだった?
だけど、みちごんとコミュニケーション話したよ♪
だけど、きょうどらは改札♪
だけど、餃子に入院しないです。

*このエントリは、ブログペットの「どら」が書きました。
クリスマス休暇とも言える三連休。
早くも最終日となってしまいました。

土曜日は…
久々に鬼嫁も土曜休日ということで、溜まっていた洗濯物を片付けたり掃除をしたりテレビを見たり昼寝をしたりで、日中は終了。
夕方、入院中の親父を見舞いに行き、帰りに実家に寄りカニを食しました。
その後、発寒ジャスコへ行き、帽子と欲しかったティンバーランドのブーツを買ってもらいました。足のサイズが小さいのをいいことに、お安いレディースの方が買えました。

日曜日は…
早朝より鬼嫁の兄上の引越のお手伝い。
これはきつかった。
何がきついって、テレビが重い。
そして洗濯機も重い。
それを持って4Fまで階段を上がるのは苦しい。
かなりの重労働でしたが、戦利品はたっぷりいただきました。
①HDナビ
うちのジムニーに付けることができるかどうかは不明ですが、鬼嫁はたいそう喜んでました。
②DVDプレイヤー
未だにプレステ2でDVDを見ていた我が家にとっては、録画ができなくってもうれしい一品です。
③サラウンドスピーカー&アンプ
臨場感たっぷりで映画やサッカーが見れます。但し修理が必要とのこと。
④漫画・本いっぱい
正月休みの暇つぶしには最適です。
⑤スキャナ
使うのかどうかはわかりませんが、とりあえずもらっておきました。
⑥アコースティックギター
車に積むのを忘れましたが、後日いただきます。が、ギターなんて弾いたことはおろか触ったこともありません。どうすんだろ?もらっちゃって。

その日の昼頃…
なんとトヨさんから、釣りのお誘いのメールが!
うれしくって舞い上がるも、どうにも行ける状況ではなく、泣く泣くお断りしました。
でも誘っていただけるなんて!
行くことはできなくても、なんとなく幸せな気分になってしまいました。

そして今日…
鬼嫁は仕事です。
昨日の疲れが抜けず筋肉痛と戦うもあっさり敗北し、鬼嫁を送り出した後布団に戻り、先ほど這いつくばりつつも起きてきました。
夕方鬼嫁の仕事が終わる頃を見計らって待ち合わせし、クリスマスということで外食する予定です。
店の名は「串鳥」です。
焼き鳥だって立派なチキンさっ!ビールもいっぱい飲めるしね。楽しみ
鬼嫁が撃沈です。
熱発はないようですが、だるくて体の節々が痛いらしいです。
でも食欲はあるし、先程おいしそうにハーゲンダッツのアイスも食べていたので、それほどひどくはならないでしょう。
毒吐きまくってるのも問題ですが、ぐったりしているのはもっと問題です。
「私が毒吐かなくなったら、それは死んでるも同然よ。」
だって。
はぁ…そうですか…
とりあえず、熱が出なきゃいいけど。

今日から、業務の中心は年末に向けての片付け作業です。
「廃棄物の回収お願いします。」とTELがあると、台車を持って引き取りに行きます。
今日はパソコンを数台回収しました。
上司である、山菜取り名人で山菜の卸しがメインの仕事で、大学での仕事が副業と言い切る北さんは、そのパソコンを見て「これ使えるのか?使えるならとっとけぃ。使えんのなら修理しとけぃ。」と言います。
どちらにしても廃棄する気はないようです。
自分は壊れたパソコンを修理できるような技術は持ち合わせていないので、なんとか起動できるパソコンと半日格闘し、家庭的に使うには問題はないくらいのリペアをしました。
どうやら北さんは自分たちの事務室で使おうという魂胆らしいです。
北さんの得意技は、そうやっていろんなところから出た廃棄物を捨てずに取っておいては、いざ使えるというときには「あるよ。」と言わんばかりに得意満面で持ってくる人だそうです。
素晴らしきエコ人間。現代人の鏡のような人です。
でも、中には修理もできないしゴミにしかならない物もあるっていうことも知ってほしいとも思います。
だって、これから行われるであろう事務室の大掃除を考えた時、あまりの物の多さにウンザリししてしまいますから。

そして今日、『KY』の本当の意味を知りました。
20071218141400.jpg

『KY』=『危険予知』
『KY』をみんなですれば、災害は起こらないんだぞ。これは大事なことだぞ。
誰だ、『空気読めない』なんて間違った使い方をしたのは。

昨晩、鬼嫁の友人のエリツィンとキクリンを自宅にお招きして、オカザイルの上映会をしました。
お二人とも鬼嫁の元同僚で、その毒舌ぶりは鬼嫁に勝るとも劣らないお二人。
どんな話題が飛び出すか、ワクワクしてました。

おもてなし料理は鍋です。
たまたまスーパーで見つけたエバラの『坦々ごま鍋』のもと。これいけます。
挽肉と餃子を入れたのですが、それがピッタリ。お勧めです。
大量に買い込んできていただいたエビスを飲みながら、当然のごとく毒を吐いたり、↓の話題で盛り上がりました。
エリツィンのテンションが一気に上がったのは、胸毛の話題。
エリツィンは胸毛フェチで、後輩からメールで「いい胸毛の持ち主見つけましたぜ~。」と報告があるほどの広く世間に知れ渡るフェチぶりです。
しかし胸毛にもいろいろあるらしく、なんでもいいというわけではなくて、いい胸毛はへそまでつながっているくらいのモノで、体に張り付くような“じとっとした胸毛”は絶対ダメなのだそうです。
“じとっと”ってどんな感じやねん…と思いながら爆笑。
キクリンはオカザイルの踊りを必死に覚えようと「めちゃめちゃいけてまーす」と歌いながら踊ってました。朝は夢遊病にかかり、不可解な行動をしていたという証言もありました。
またキクリンは自分の高校の先輩だったという新事実も発覚し、久しぶりに高校のアルバムを開いてみて、自分がどれだけ老けたかということを実感しちゃいました。
自分は前日も飲んでいて、この日も勢いよく飲みすぎたこともあり、午前1時で撃沈。
宴会はその後3時まで続き、その後仲良く就寝したそうです。

このお二人には、自分たちの結婚式のときには受付をお願いしたり、我が家には何度かお酒持参で遊びに来てくれたりと、とてもお世話になっています。
今回もこうやって遊びにきてくれて、ほんと楽しかったです。
いくら職場や上司に対する毒を吐いても、どんだけ下ネタトークを炸裂させようとも、鬼嫁にとっても自分にとっても、とてもうれしくて大切な時間を過ごすことができました。

週末はあっという間に終わっちゃったけど、よい休日でした。
ヘビーな1週間が終了です。
楽しみにしていた木曜夜のレッズvsミランの試合は、つまらなかったなぁ。
明らかに実力差があるチームに対して、ガチガチに引いて守るという戦術はいいとしても、一発勝負のトーナメントでしょ?
勝ちにいくという姿勢がレッズには感じられなかったねー。
昔見たアイスホッケーの試合で、1点差で負けていたチームが第3ピリオドの後半でGKをフィールドプレイヤーに交代して6人で攻めにいってたぞ。
本気で勝ちたいのなら、それくらいやってもいいんじゃない?
って無理か、そんなの。

元々レッズが勝つということには、これっぽっちも期待してませんでした。だからミランの凄いところをもっと見せてほしかったのに、それもいまいち。
攻撃はカカとセードルフとインザーギの3人。
これが1-0で勝つことに最高の美学があるイタリアサッカーか。
前半途中くらいから飽きちゃって、興味はその後の医龍2に移ってました。

昨日は職場の忘年会。
社員の人の代理で出席してきたのですが、これも盛り上がるところは皆無。
タダ酒なので、まったく文句を言える立場ではないんですが。

帰ろうと思って札幌駅に着くと、JRが止まってます。
行くときから不通になってるのは知ってたけど、まだ動いてません。しかも復旧のめどは立っていないとのこと。
仕方がないからバスで帰ることにし、1時間近くバスに揺られ手稲駅に着くとJRの改札から人が出てきてます。まさか…
なんとJRが復旧してる!!
ふざけんな、JR。バス代320円返してくれ~。
2007.12.09 今日はダメだ
今日は、数年ぶりに飲んだ焼酎がとってもおいしかったので、遅ればせながらブームにのってハマってみようかなぁ…なんて思ったことや、昨日鬼嫁が忘年会で15000円分の商品券をGETしてきたことなんかを書こうと思ってました。
が、そんな気にさせてもらえないほどにショックな出来事、というかシンドイ事実を突きつけられたので、本日はこれにて終了。
閉店ガラガラ。
↑と書けばって鬼嫁が。岡田は地味に好きなんだってさ。
こんなんだけど、ほんと凹んでるだって。
きょうはどらと予定する?
それとも炸裂する?

*このエントリは、ブログペットの「どら」が書きました。
うちの鬼嫁は↓の話題が得意です。
ジャンルは問いませんが、特にウンチョス関係のネタは多々持っています。
過去には老人介護関係の職場で働いていたこともあり、その手の話には事欠きません。

今日のネタは自分のウンチョスの量。
朝、家で1回・職場に到着後1回。2回の合計が500gは下らないというテーマで語り、同僚を笑かしてきたそうです。
そんな話を職場で堂々としてくれるなんて、ステキです。
その話題に乗ってくる同僚も同じ穴のムジナか。

でも↓トークも含めて、おもしろおかしく一緒に働ける同僚がいるっていうのは、職場としてはかなり恵まれた環境です。いいとこに採用されたもんです。
鬼嫁と入れ替わりに辞めた人も、たいそう面白い人だったそうです。
なんでもその人は、公的な書類に“自分が仕事をしなかった(もしくは伝達しなかった)理由”を書かなきゃならなかったらしく、そこに書いた文章は
『自分が忘れっぽいということを、忘れていました。』
だって。
言い訳に困った小学生じゃあるまいし、いい大人がしかも公文書にそんな文を書けるなんて、ある意味すごい人です。
そんな方が前任者ということは、なるほど鬼嫁が採用された理由も見えてきます。
きっと採用条件は「おもろい人」だったに違いありません。

自分も身近な同僚とはコミュニケーションが円滑に図れるようになったので、調子にのってその範囲を広げようといろんなとこで愛想振りまくり、“以後よろしくお願いします”ってな感じでニコニコしまくっては顔を大売出ししています。
その甲斐あってか、今日は主任に長靴を買ってもらっちゃいました。
インナー脱着可能、滑り止めバッチリのあったか優れもの。しかもこの手の長靴にしては珍しくサイズピッタリ。
20071206153724.jpg

これだけで、労働意欲がめちゃめちゃしてしまう自分の単純明快な思考回路は、嫌いじゃありません。
職場は猛吹雪。帰ってきたら降った形跡すらない。
という状況にも、だいぶ慣れました。

昨日、おとといと星野ジャパンを最初っから最後まで見てしまいました。
普段は野球の中継はおろかサッカーですらほとんど見ない鬼嫁も、興奮しながらテレビに釘付けでした。
震えるようで、今にも泣き出しそうな星野監督の表情。心中お察しします。
監督業とはいかに辛く大変なものなのか、ましてやそれが日本全国の期待を背負ってるような場合、きっと想像を絶するような心理状態なのでしょう。
オシム監督しかり、過去にはドーハの悲劇のオフト監督しかり、王監督や長嶋さんもそうでしょう。トルシエとジーコにはあんまりそんな感じは受けなかったかな。
やはり監督として能力があると思われているからこそ、国民はそれだけの結果を望みプレッシャーをどんどんかけていくんだろうなぁ。
そうは言っても、自分もそんな期待しまくる国民の一人なんだけど。
それくらい国民の期待を一身に背負い、しかも負けちゃいけない試合で負けている場面で、あのサブローのスクイズ。びっくらこいた。

監督ってやっぱすごいのね。
自分の知っている身近な監督たちは、ほんとよくやってると思います。
もちろんプロや代表の監督じゃないけど、そこで得るであろう高い報酬や地位や名誉とは程遠いだろうけども素晴らしいに違いない価値あるモノ。きっとかけがいのないモノを手に入れているんだろうなー。
それがどんなモノか、自分には知る由もありません。
唯一つ言えるのは…
おいらにはムリ~ってこと。的確な選手起用も、状況に応じた冷静な作戦展開も絶対できるわけがありません。
こうやって何の関係もないとこで、てきとーなことを言ってるのが向いているな。
昨日はサッカー観戦三昧。
と言ってもテレビですが。

コンサドーレおめでとうございます。
思えばコンサの試合を最後に見たのは、厚別で相手はジュビロでした。
まだJ1にいた頃だったから、2001年くらいかなぁ。
それ以来、競技場はおろかテレビでも見なくなってました。
なぜそんなに見なくなってたかというと、答えは簡単。コンサファンじゃないからです。
実はコンサよりジュビロが好きなんです。
試合を見に行ったのも、実はジュビロの応援に行ったわけでして。
その時も、コートの中にはしっかりとジュビロのゲームシャツを着込んでました。
スタンド席だったので、周りが全部コンサファンという状況でさすがにコートを脱ぐ勇気はありませんでしたが。
コンサがJ2にいると、当然J1のチームとの試合がないわけで、そうなるとジュビロの試合も見れません。
ですから、コンサがJ1に昇格してくれたおかげで、またジュビロの試合が見られるようになりました。そういう意味で、うれしいです。
昔に比べてコンサファンも格段に増えましたね。厚別でさえガラガラだったのに、昨日は3万人ですか。
ドームにそんだけ人を呼べるのは、ファイターズとGLAYと桑田佳祐ぐらいだと思ってました。

そして次はレッズの試合。
優勝争いなんてどうでもよくて、興味があったのはレッズの相手が、横浜FCだったこと。
自分たちはダントツで降格決定済み、相手は勝てば優勝決定。かたやモチベーションのかけらもなさそうで、かたやギンギンのモチベーション。そんな状況でどんな試合を見せてくれるのかが楽しみでした。
が、正直ショックを受けました。
何がってキングカズ。すごかった。この試合唯一の得点を生み出す一連のプレー。
代表DFの坪井をあっさりと振り切るドリブル突破から、味方のFW以外は誰も触ることができないスペースへの絶妙のラストパス。プレーを見て鳥肌が立ったのは、初めてC.ロナウドのドリブルを見て以来久しぶりのことでした。
そしてレッズの怒濤の攻撃を、体を張って守るDF陣。
カズはやはりキングです。そしてテレビに映っている横浜FCの選手の姿は、紛れもなくプロの姿でした。

コンサも横浜FCもサッカーのレベル自体は決して高くないと思います。
おもしろいサッカーが見たいのであれば、WOWOWやスカパーでプレミアリーグやリーガエスパニョーラを見ていた方が100倍は有意義な時間になります。
でも、たとえJ2でもたくさんのサポーターがいるチームがあったり、負け続けているチームにいてもワンプレーで見る人を感動させられるプレーヤーがいたり、そういうサッカーが日本にもあるっていうのは、小学校4年生でサッカーを始め20年近くプレーしてきた自分にとって、なんだか感慨深くうれしいものです。
当時の自分の記憶にあるテレビでやってるサッカーといえば、キャプテン翼ぐらいのもんでしたから。
う~ん、サッカーっておもしろいぞ。またやりたくなってきた。
きょうみちごんは、始末されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「どら」が書きました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。