上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どらが合格すればよかった?
だけど、きのう、みちごんとみちごんと応援ー!
だけど、みちごんで判定された!

*このエントリは、ブログペットの「どら」が書きました。
スポンサーサイト
昨日は週に1度のお休み。
鬼嫁とドライブに行ってきました。
行き先はニセコ。なぜなら新聞のチラシに“温泉半額”の文字が。
熱望している釣りではなかったけど、景色のいい所でリフレッシュしてきました。

天気は曇ったりパラパラ降ったり晴れたりと不安定です。
ちょこっと顔を出したススキの中の羊蹄山。

DSCF0076.jpg


まだまだと思っていたけれど、少しずつですが紅葉も始まっているみたいでした。

DSCF0069.jpg

温泉も気持ちよかった!が、Weightは予想通りの2kg↑
最重要課題です。

そんでもって、なぜかバス停に抱きつく鬼嫁。彼女もそろそろニート脱出の気配です。

DSCF0074.jpg
ラーメン屋でバイトするようになり1週間。
毎日夜中の1時過ぎに帰宅し、日中はほとんど寝るという生活が続いております。
ラーメンを作っているのではなく、作っているのは餃子とチャーシュー丼。
と言っても、どっちも焼いて盛り付けるだけなので、調理というほどのものではありません。
そんなんでも、お客さんがおいしそうに食べているのを見ると、ちょっとうれしいです。

行列ができるラーメン屋だけあって、3連休中の1日の売り上げは、自分が働いている18~2時の間だけで20万を超えてました。
なんてぼろもうけの店なんでしょ。

そんな生活で、日課にしていた朝のランニングもできなくなり、しかも食事と称して毎日23時過ぎにラーメンを食べるので、ハードな仕事をしているのにもかかわらず、メタボがすくすくと育ち始めております。まずい。
でも全メニュークリアしました。やっぱり正油が一番うまいと思われます。
※正油←誤字ではありません。メニューがそうなっているので、指摘は店の方にお願いします

鬼嫁は普通通りの生活をしているので、ちゃんと話をしたり遊びに行ったりする時間がとれなくなって心配してましたが、当の本人は今のところたいして気にすることもなく、夫のいない時間を最近ハマっている韓流ドラマ「宮」のDVDを一気に6時間見るなど、それなりに楽しんでる様子。
それでも申し訳ないなぁと思っていると
「いいの。我が家のハンドルは私が握ってるから。」
「ふ~ん。じゃおれは何を握ってるの?」
「ん?その横でサイドブレーキ。私が暴走したときに引くの。」
だって。
あなたにはかないません。そのサイドブレーキで止められる程度にお願いしますね…
きょうどらがみちごんで紆余曲折運転した?

*このエントリは、ブログペットの「どら」が書きました。
古田選手兼監督が好きです。
別に、大学に入学した頃、今より体重が10kgくらい多く顔が丸っこく、フレームなしメガネをかけていて、「S教大の古田」と呼ばれたことがあったからではありません。どうやら結構似ていたらしい。
捕手という野球の中でも特殊なポジションで当然のごとく強肩、そして首位打者・3割30本・2000本安打という打者としても圧倒的な攻撃力も兼ね備え、正に試合をコントロールする司令塔。
そして何よりも人柄。知り合いではないので報道される範囲でしか知らないけど、古田選手のことを否定的に言う人を見たり聞いたりしたことはありません。

小学4年生でサッカー少年団に入る前までは毎日野球に明け暮れ、クラスで野球チームを作ったときのユニフォームはスワローズの帽子。優勝したときには、大通のヤクルト札幌支社の前を何度も行き来した隠れスワローズファンとしては、とても残念でなりません。

鬼嫁は、昨晩DVDを借りてきて見た“日本沈没”で、草くん扮する小野寺深海調査艇操縦士が、たった一人で3000mの深海で作業し、自らの命と引き換えに日本を救う姿を見て涙していましたが、引退会見の中、言葉を詰まらせ永く沈黙する古田選手を見て、自分も涙しました。

時代の流れでいつのまにかファイターズファンになり、家で稲葉選手の応援歌を熱唱しては鬼嫁に「うるさい!」と怒られていたけど、この日を境に表スワローズファンになることを決めました。とりあえずクライマックスシリーズ進出を決めたファイターズの応援歌は封印し、しばらくは東京音頭にしようと思います。
残り17試合、なんとか最下位脱出を。
そして次回の2010年WBCでは「古田JAPAN」の誕生を祈ります。
高校2~3年の時の担任は、前歯がとっても露出されていて「シェーざんす」と言っていそうな人でした。
当時は今の自分よりも若くて、高校の担任としては珍しく毎日学級通信を発行する先生で、表には出さないけど熱い人でした。
口癖は「おめ~らバカか。」

今はどうか知らないけど、当時はたいした進学校ではなく、しかも全く勉強しないで部活か麻雀に没頭していた自分が、進路相談で「国立大学に行きたい」と言い出したときは、「お前本気か!?」と思いっきり呆れもしたけど、喜び「応援してやる」と言ってくれました。
しかし当時の学年順位は、進学クラス180人中の170番台。現役で国公立大学に入れる人など、学年で片手で数えてもおつりがくるような学校で、そのような状況の人間は、よっぽど死ぬ気で勉強しないと大学に合格する訳はありません。ってゆうかそんなヤツが国立大学に行こうとすること自体、清水の舞台から3回くらい飛び降りても足りないくらい無謀なこと。
しかも大学に行きたいと言っておきながら、部活を引退しても危機感を持たず、没頭するものが麻雀か横山光輝の「三国志」60巻を読破することに変わった自分を見て、その先生は
「おめ~よぅ、大学行けなかったらどうすんのよ?」
と聞いてきました。自分は
「ん?ラーメン屋になる。」
と答えました。

それでもあんまりにも勉強しないで高3の2学期になっても全く状況の変わらない自分の通知表に、その先生は
“本気で勉強しないと本当にラーメン屋になるぞ!”
と書いてきました。

それほどまでにお気楽人間な自分が、本気になったかどうかはわからないが、2年間の桑園駅前大学(!?)通いを経て無事大学生になれたのは、その先生が通知表に書いた言葉を忘れなかったからです。
とそこまで言うのは間違いなく過言ですが、とりあえず忘れることはありませんでした。

そんな訳で、明日から某有名ラーメン店の店員になります。
がんばります。
きょうはみちごんとショッピング♪
それでみちごんで通行人が統一♪
それできょうどらは、納得する?
でも、まねは採用したいです。
だけど、みちごんと敬意へ作成したかも。

*このエントリは、ブログペットの「どら」が書きました。
木曜に行った2日間のみの超短期バイトの面接は不発。
やはり坊主頭にスーツは似合わないと判定されたもようです。
金曜は精神的にたたきのめされる出来事に遭遇し撃沈。

こんな自分を癒してくれるのは釣りなのだが、さてどうやって行こうか?と思案します。
鬼嫁に釣りのための運転手をしてもらうことはできなそうなので、自分で行く方法を模索するしかありません。試しにGoogleのルート検索で最寄り駅から「岩内」までを検索すると、JR小沢駅という所より徒歩2時間45分という結果。
まぁ岩内の方々はなんて足腰の強い方ばかりなんでしょ。
アフリカの原住民じゃあるまいし、そんな訳はない。
バスがあるだろ。でも見つけられない。
という訳で、釣りに行くのはとりあえず断念。

次なる癒しの方法を探そうと思ってたら、鬼嫁の目から“だらだらすんな、そんなの探す前にバイト探せ光線”が発射されてました
今日はいい天気により、朝からチャリで宮の沢西友へ。
引っ越してから実家からもらったオンボロパナソニックロードバイク。
あんまりにもボロイので、エコギアやら道南の某釣りショップIやらBURTONやらのステッカーを何の統一感もなく貼り、今では愛車です。

途中橋の上から川を眺め、ネットオークションで購入したSWANSの偏光サングラスの性能を試してみると、おおっ中々面白い。ほんとに反射しないで見えるのね~。
サングラスかけたりはずしたりしながら遊んでたら、横を通るおばさまに不審者を見るような目つきで振り返られました。
いいじゃん、海に行って試せないんだから。ふん。

線路づたいに走っていると、電動自転車に乗ったおそらくお婆ちゃんと思われる白い手袋を履いた方にいきなり追い抜かれました。
負けられない。
引退してから5年が経っているとはいえ、元サッカー小僧。脚力に自信はないがプライドがあります。
大腿筋と大殿筋をフル稼働して追い付き、スリップストリームをいただく。
しかし相手のペダルはあまり回転してない。
こっちはギアをMAX重たくしてるのにもかかわらず高速回転。
歩道がちょっと広がった隙に追い抜き返すも限界。
コンビニに寄る振りをして、バトルを回避してしまいました。
下半身に乳酸が溜まりまくってます。ついでに肩こりの症状も。がんばりすぎました。

短期でバイトをしようと思い、西友で履歴書用の写真を撮りました。
出来上がりを見て、思わず「なんじゃ、そりゃ。」と呟いてしまいました。
床屋代節約のため先月から坊主刈りにしていることもあり、ひっでぇ悪人面。
鬼嫁と実の弟は、去年の誕生日に鬼嫁が買ってくれたお気に入りのPOLICEのサングラスをかけた自分の顔を見て「ヤクザだ。」と言っていたらしいが、それも納得。正にという感じ。
写真だけ見たら間違いなく採用されないだろうな。
人相で判断しない人が採用担当であることを祈ります。
「時間があるうちに、とっとと行ってこい。」と鬼嫁につつかれ近所の歯医者に通うようになり1か月。未だ一向に終わる気配を見せません。
一番奥の歯の抜歯に始まり、行く度違う歯を削られほじくられ、一体どんな歯だったのか…
でも自分の子供の頃に比べ、ずいぶん痛いことをされなくなった気も。これも医学の進歩ですか。
痛いのはいいだけ横にひっぱられたほっぺただけで済んでます。

「次回ご都合のよろしい時間は?」と聞かれなくなるのはいつなのかなぁ。

鬼嫁は秋のにおいがしてきている夕方にもかかわらず、「暑い暑い」と言ってタンクトップで韓流ドラマのDVDを見ています。
それって俗に言う更年期ですか?とは面と向かっては言えません。
生活の場を10年ぶりに手稲山の見える家に移して2ヶ月近くなります。
実家から車で10分ということもあり、何かと顔を出す機会も多くなりました。

昨日は実家の庭でBBQを食し、明日は鬼嫁&うちの母ちゃん&うちのばあちゃんでショッピングとランチに行くという、3世代交流会が開催されるそうです。
その間残された自分は、最近はまりつつあるゲームに没頭することと思われます。
まずい、すっかりダメ人間じゃ。

こんなに自由に使える時間があるのは、かれこれ15年ほど前の予備校生の時以来。
「時間と仕事は共有できない。」って友人BEGIN氏の言葉。
今のところ時間はいっぱいあるので、仕事してたらできなかったようなこともしてみたいと思います。
とりあえず平日の午前中とか空いてそうな時間に“HERO”でも見に行きましょか。

2007.09.07 いざ出発
紆余曲折を経て、Restartすることになりました。

以前のブログを閉鎖した頃から今日までの約2か月間、本当に色々なことがあったけれど、いつ何時でも笑顔とおちゃらけを忘れず前向きに自分を支えてくれた鬼嫁に敬意を表し、このようなブログのタイトルにしました。
決して悪口ではありません。

その甲斐もあって、かなりのパワーアップをとげた鬼嫁。
自分に対する扱いは当然のごとく一段と厳しいものとなり、外に振りまく毒気は、時折道を歩く何の関係もない通行人にまで向けられます。

でも、おもしろい鬼嫁です。
最近のお気に入りは“にしおかすみこ”と“小島よしお”です。
“にしおかすみこのものまねをする工藤静香”のものまねが得意です。
マンションのエレベーターの中で「そんなの関係ね~。」と踊ります。

そんな鬼嫁と、新たなる目標に向かって前進する日々のことを綴っていこうと思います。

ちなみに、現在夫婦揃ってニートです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。